FC2ブログ
雑誌制作、取材のこぼれ話や、本誌の読みどころを紹介!
Jリーグサッカーキング

jskバナー
毎月24日発売!
Jリーグサッカーキング表紙
http://www.goal.jp/jsk/



プロフィール

Jリーグサッカーキング編集部

Author:Jリーグサッカーキング編集部



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



平山相太のリベンジはいかに
5月号の特集は「リベンジ2008」。
今シーズンの巻き返しや逆襲を誓う選手、クラブを取り上げています。

そんな中、3月27日に行われる国際親善試合のU-23日本代表メンバーから、
かつて「エース」と呼ばれた男の名前が消えました。

昨年のアジア最終予選でスタメン落ち、そしてベンチ外の屈辱を味わい、
今シーズン開幕前から「リベンジ」に燃えていた彼。
日本代表合宿に臨む徳永悠平と早くから自主トレを開始し、
勝負の一年に向けて準備を整えていたんです。

2月のU-23日本代表アメリカ遠征ではゴールを決めてアピールし、
所属のFC東京では開幕スタメンの座を獲得。
ナビスコカップ清水戦でシーズン初ゴールを決めたところで伝えられた屈辱の代表落ち。

反町康治監督はメンバー発表会見で
「今年に入って一皮も二皮もむけている選手がいる中、
まだ、もう一皮むけてきてない」と厳しい評価を下しました。

裏を返せば、「一皮むけなければ、代表復帰はない」ということ。
本大会出場がすべてではないけれど、
どれだけ進化できるかが勝負の分かれ目でしょう。

目立つ存在ゆえに批判の矢面に立たされるのも仕方のないこと。
でも、国見高からオランダリーグで活躍できた実績があるからこそ、
寄せられる期待が大きかったからこその批判でもあると思うんです。
代表落ちに際して反町監督が城福監督に電話を入れたことからも
彼に対する期待の大きさがうかがえます。

ここでどう巻き返すか、リベンジを果たすかで
彼のサッカー人生は大きく変わるはず。
反町監督がもう一度代表に呼びたくなるような選手にならなければ、
“未完の大器”で終わってしまう可能性も高くなると思います。

先週末、代表落ち直後の磐田戦では途中出場で見せ場なし。
FC東京の城福浩監督は「難しいシチュエーションで
最低限の仕事はしてくれた」と試合後に語ったけれど、
今の彼に求められているのは「最低限の仕事」じゃない。

出場機会を与えられた残り10分間で息が上がるくらい必死に走ったのか。
足をつりながらプレーするチームメートと比べて、どれだけ頑張れたのか。
性格的におとなしい部分もあるのは分かるけど、
もっとガムシャラに、気持ちを前面に押し出したプレーが必要な時期。
プレーだけでなく、メンタル面でも一皮むけなければ代表復帰はないでしょう。

本大会まで約4カ月。
平山相太がどんな「リベンジ」を果たすかに注目し続けます。


青山知雄


スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ


内容充実、U-23日本代表ファンは要注目!
3月24日発売の本誌5月号は、『リベンジ2008』と題して、
逆襲を狙うクラブや選手たちにフォーカスを当てました。

リーグタイトル奪還を狙う浦和やG大阪の選手の声を取り上げつつ、
横浜FM、磐田、名古屋、FC東京、千葉、東京Vなど
復活を目指すチームを取り上げ、15年の歩みから
この6クラブの完全復権の可能性を探っています。
また、故障やレギュラー争いの敗北などから、辛酸をなめた
選手たちにもスポットライトを当てています。

5月号のインタビューで登場する選手は以下のとおり。

松田直樹選手(横浜FM)
楢崎正剛選手(名古屋)
坂本將貴選手(千葉)
我那覇和樹選手(川崎F)
服部年宏選手(東京V)
大久保嘉人選手(神戸)
大島秀夫選手(横浜FM/城彰二氏との対談です)
小林祐三選手(柏)
中村北斗選手(福岡)

また、アルビレックス新潟ファンには待望の連載がスタート。
エースの矢野貴選手のコラムが始まりました。

さらには、ダブル付録の特別サービス。
北京オリンピック出場を目指す選手たちの写真で
構成したU-23 2008年度ポスター・カレンダーと
最新スパイク&ウェアを徹底紹介する
フットボールコレクションブック2008が付録で付いています。

特に、U-23 2008年度ポスター・カレンダーは、
若手世代の選手を応援しているファンの皆さんにとっては、
まさに垂涎ものの付録ではないでしょうか。

jsk_0805_poster.jpg


本誌5月号は3月24日発売。皆さんが楽しめるような情報&内容が
満載だと自負しています。ぜひともお買い求めください。

菅野浩二(ラジオネームは“劇団キャロット”)


テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


驚きか?当然か?ある高卒ルーキーの開幕戦
いよいよ待ちに待ったJリーグが開幕しましたね。
等々力競技場に『担当チームダービー』というかなり個人的な思い入れが詰まった川崎F対東京Vを取材してきました。

今年はFC東京大竹洋平選手や大津祐樹選手ら、開幕出場を飾った高卒ルーキーが目に付きました。
等々力競技場にも眩いばかりの輝きを見せた新星が登場しました。
その名は東京V河野広貴選手
今シーズンよりヴェルディユースから昇格を果たした17歳(誕生日は3月30日)。
60分に4‐5‐1の中盤の左サイドとして出場すると、
「全く緊張しなかった。というか、これまで緊張したことがない。バカだから気付かないのかな(苦笑)と萎縮することなく、好パフォーマンスを披露。

出場して早々に巡ってきたチャンスには中村憲剛選手を、
その次に訪れた場面では森勇介選手を、
自信のあるというスピードを生かしたドリブルで、ひらりとかわして行きました。
高卒ルーキーが日本代表クラスの2人を抜いたということですら驚きなのに、
「抜く自信はあった」と言うからさらに驚き。

なんというビッグマウスだと思っていたら、
それはこちらの取材者としての勉強不足だったよう。
全然驚くことじゃない。
練習試合や紅白戦でもああやってぶっちぎってるから。十分やれると思っていたよ」

と、土屋征夫選手もその実力を十分に評価していました。

終了間際に同点に追い付き、勝ち点1を手にした東京V
3月24日発売のJリーグサッカーキングでは、キャプテンの服部年宏選手にインタビューし、開幕戦で得られたこと、昨シーズンとの継続点と変更点、今シーズンに向けてのお話を伺いました。
もちろん、河野選手に関しても話を聞いています。
ベールを脱いだ秘密兵器が、真の武器になるためにはどうしたらいいか、
プロ生活15年目を迎えた服部選手が語る言葉にはずっしりとした重みがありました。

高卒ルーキーの成長とともに、Jリーグサッカーキングの発売もお楽しみに。

高校卒業して何度目の春かを数えるのが嫌な西村

「岩政先生に聞け!」よりお知らせ
本誌人気連載の『岩政大樹のいつもガチンコ勝負!』。
岩政選手本人による渾身のコラムが好評ですが、
実は3月発売号からプチリニューアルします。

『Jリーグサッカーキング4月号』でもお知らせしたとおり、
「岩政先生の文武両道のススメ」が「岩政先生に聞け!」になります。
「文武両道のススメ」では主に勉強に関する質問を受け付けていましたが、
リニューアル後の「先生に聞け!」では勉強はもちろん、
学校での悩み事や将来への不安、恋愛相談も大歓迎です!


「文武両道のススメ」で岩政選手が教えてくれた数学の解き方や勉強法はとても分かりやすく、
編集部一同「ほぉー」と感嘆の声を上げました。
そのことを岩政選手に伝えると、学生の頃から
「より効率的に進めるために“自分で自然と”考えていた」とのこと。

この“自分で自然と”というところがポイントで、
何かに必死になると、つい周りが見えなくなりがち。
冷静に「より効率的」な方法を編み出すなんて、なかなかできないものです。
それを学生の頃から自ら実践していたとは、さすが頭脳派DFですね。


勉強以外の質問にも、頭脳派の思わぬ答えが返ってくるかもしれません。
「より効率的」な答えを知りたい方は、

〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-9-4
(株)フロムワン JSK編集部「岩政先生に聞け!」係



まで、どしどしご応募ください!
お待ちしております!



JSK編集部/丸山雅子


テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


盛りだくさんの創刊1周年号に注目!
2月23日発売のJリーグサッカーキングは、
創刊1周年記念号!

まずJ1・J2全33クラブを完全網羅した
「2008Jリーグコンパクト選手名鑑」が特別付録に。
携帯サイズの薄型ですが、
各種データや顔写真付きの選手紹介はもちろん、
チーム別のスケジュール、リーグ全体のスケジュールに加えて
スタジアムガイドも掲載されています。
自宅だけでなくスタジアムでも使えるサイズを意識しました。
サポーターの皆さんは必携!

某サッカー専門週刊誌の選手名鑑と違って、
北から順にチームを並べて、1シーズンを通じて
使いやすい作りに仕上げました。
シーズンが開幕しちゃったら、去年の順位で並んでると
すごく読みにくいですからね……。

そして今回はメモリアル企画として、
創刊1周年記念特大プレゼントを実施。
総勢100名様に選手のサイン入りグッズなどを
どど~んとプレゼントしちゃいます。

編集部員が日本を飛び回ってゲットしてきたお宝の数々。
僕もグアムで各チームのキャンプにおじゃまして
主力選手から読者の皆さん宛にサイン色紙をもらってきました!

ただ、札幌の外国籍選手トリオが書いてくれた色紙は
アルセウの電撃退団もあってお蔵入り。
まさに幻のお宝となってしまいました。
(さすがに掲載できませんでした。ごめんなさい!)

新潟のアレッサンドロ&ダヴィの両選手は
雑誌に出るのが初めてだったらしく、
「これ、僕たちが載るの?」と大はしゃぎ。
ノリノリで色紙にサインを書いてくれました。

その他にも本誌で連載中の岩政大樹選手が
昨シーズンのリーグ戦で愛用していたスパイク、
グアムキャンプでルーカスとバレーの部屋にあった
レオパレスリゾートのアメニティーグッズ
(もちろんサイン入り!)など、
他ではゲットできない貴重な一品が盛りだくさんです。

巻頭対談では、中田英寿×前園真聖のビッグネームが
昔を振り返りつつ、最近ことを語り合ってくれています。

とにかく内容盛りだくさんの1周年記念号は、
今週末の2月23日(土)発売です!

(青山知雄)
http://www.goal.jp/jsk/

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ